歯科用CTについて

当院ではインプラント治療を行う場合、術前に必ずCT撮影を行います。従来の歯科用レントゲンでは2次元のため骨の厚みや奥行などが正確に把握できませんでした。CT検査により骨の立体的な構造を把握できるだけでなく、骨の硬さや密度までも予測できるためインプラントの術前検査としては必須のものとなっています。CT検査の情報を元に顎の骨の状態をコンピュータで3次元解析し、インプラントをどの位置にどういった角度で埋入するのが適切かといった術前のシミュレーションを行います。さらに、骨の中にある神経や鼻腔の位置関係を把握できるため安全なインプラント手術を行えます。CT検査はインプラント治療を成功させるためには必要不可欠なものと言えるでしょう。

ガイデッドサージェリー

CT検査の情報をもとにコンピュータ上でシミュレーションしたインプラントの埋入位置を実際の手術に反映させる術式です。解析情報からサージカルガイドと呼ばれるマウスピース様の装置を作製し手術に用います。サージカルガイドにはシミュレーションしたインプラントの埋入方向に円柱状の穴が開いているため、より正確なインプラントの埋入が可能になります。
また、従来法に比べて大きく歯肉を切開する必要がないため、手術時間の短縮や、術後の腫れや痛みの軽減が出来ます。

当院で使用しているサージカルガイドは、もっとも精密で誤差が少なく、細かなところまで手術に反映できるコンピューターにより作成されたものを使っています。

All-ON-4
鈴木歯科ブログDr.
鈴木のこだわり
鈴木歯科医院入れ歯をご検討中の方審美歯科専門にご興味のある方