術前術後の注意点

術前の注意点

体の状態

インプラントでは外科的手術を伴いますので、体の状態や持病(糖尿病、高血圧症、心臓疾患、脳疾患など)については必ず担当の歯科医師にお伝え下さい。持病の症状により医科の主治医に手術の是非を相談したり、意見を求めたりすることがあります。

服用されてる薬

日常服用されている薬がある方は、必ず事前に歯科医師へお伝え下さい。場合によって手術前に服薬を控えていただくことがあります。(血を固まりにくくする薬(抗凝血薬)、動脈硬化の薬、骨粗鬆症の薬、糖尿病の薬、向精神薬、非ステロイド系抗炎症剤、経口避妊薬など)

前日の注意点

  • 前日は睡眠を充分にとり、体調を整えておいて下さい。

  • 当日は麻酔を用いて治療をしますので、お車で運転しての来院はお控えください。

  • 女性の方はなるべく化粧は控えて、口紅は落として下さい。

  • 長髪の方はまとめて下さい。

  • 義歯・装飾品は、はずして下さい。

術後の注意点

1.痛み・薬

手術後、痛みが出るようでしたら鎮痛剤を服用して下さい。(飲み方などは医師の指示に従ってください)また、痛みがなくても鎮痛剤以外の処方された薬は、体に変調(腹痛・下痢・湿疹など)がない限り指示通りご服用下さい。

2.食事

食事は麻酔が切れてから軟らかいものを反対側で噛むようにしてください。また刺激物は避けるようにしましょう。

食事内容についてはこちらからご指示させて頂きます。

3.腫れ、内出血斑

腫れの程度は手術の内容によって異なります。氷や保冷剤を濡れたタオルでくるみ患部を冷やすと腫れの軽減になりますが、氷など極端に冷たいものを直接当てると治癒に悪影響を与えますので避けて下さい。青あざの様になることもありますが、内出血は数日で自然に消えていきますのでご心配いりません。

5.その他の注意事項

お風呂は軽く流す程度か、シャワーにして下さい。
飲酒・喫煙はできれば 当院の指示により控えて下さい。
手術後より 2 ~ 3 日は過激な運動は避けて下さい。
処置した所を指や舌でさわらないで下さい。
毎食後及び就寝前には、処方された含嗽剤で消毒して下さい。
患部に当たる義歯は使用しないで下さい。
傷口に強い力をかけないで下さい。

メンテナンス

インプラントは人工歯根なので虫歯になることはありませんが、インプラントを支えている歯茎や骨が歯周病菌によって侵されてしまう可能性があります。これはインプラント周囲炎と言われるもので、天然の歯で起こる歯周病と似ています。インプラント周囲炎は悪化してしまうとインプラントを支えられなくなってしまいますが、適切なメンテナンスで予防が可能です。インプラントを長期間、安定した状態でお使いいただくためにも術前に指導させていただく適切なブラッシングを継続していただくことと、3~6か月ごとのメンテナンスを受けていただくことをお勧めします。

アフターケアとインプラントの寿命

インプラントでのかみ合わせに問題がないか、負荷がかかってないかがポイントのひとつです。
インプラントはメンテナンスが良好であれば、 10年から20年は 95 %以上の確率で維持できるものです。
日ごろのブラッシングや定期検診、メンテナンスの心がけで、インプラントの寿命が変わります。

インプラントのアフターケア

インプラントだけではなく、ご自身の歯も含めたお口全体を清潔な状態で保つことが何よりも大事です。当院ではインプラント手術前に必ずブラッシングの指導をさせていただき、患者様ご自身でも適切なプラークコントロールができるようになっていただきます。さらに、定期的にお口の状況を確認させていただき、プラークなどの汚れがあればそれを除去して表面を磨き上げていきます。
インプラントがバランスよく咬めているかを確認して、必要な場合は咬み合わせの調整をします。インプラントの治療後、経年的に周りの歯が擦り減ったりすることで咬み合わせのバランスが崩れてくることがあります。インプラントへの咬み合わせの負荷が大きすぎる場合はインプラント自体や咬み合わせになる相手の歯に支障をきたす場合もあるので、定期的な咬み合わせの確認が必要です。
All-ON-4
鈴木歯科ブログDr.
鈴木のこだわり
鈴木歯科医院入れ歯をご検討中の方審美歯科専門にご興味のある方