ケース別治療

ケース別治療

1本の歯を失った場合

最もシンプルなケースで、失った部分にインプラントを1本だけ埋入します。こういった状況ではブリッジによる治療も選択肢に挙げられますが、ブリッジの場合は前後の歯を削らなくてはなりません。また、インプラントはブリッジに比べて長期間安定しており、しっかりと咬むことができます。さらに毎日のブラッシング清掃もし易くなり、メリットの大きい治療法と言えます。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

今まで数本の歯を失った場合や歯のない部分が広い場合は部分入れ歯を用いるのが一般的でした。しかし取り外し式の部分入れ歯は残りの歯と歯のない歯肉で支えられなければならず、それぞれに大きな負担が強いられます。また、入れ歯はお口の中で完全に固定されているわけではないので、入れ歯自体が動いてしまい強く咬むことができません。 一方、顎の骨にしっかりと植わったインプラント治療の場合、ぐらつくことなくしっかりと咬めるようになります。失った歯が多い場合はインプラントを支えとした固定式ブリッジにすることも出来ます。

全ての歯を失った場合

全ての歯を失った場合は総入れ歯を入れるのが一般的でした。しかし、総入れ歯は歯茎の上に入れ歯を乗せることだけで安定を図るため、動いてしまったり、ぐらぐらと揺れてしまったりします。そのため強く咬むことができず、咬んだ感覚もあまり感じられません。さらに無理をして強く咬むと歯茎に痛みが出てしまうことさえありました。
インプラントを活用した治療法ではこれらの問題点を大きく解決し、しっかりと咬むように出来るのです。その治療方法は2種類あり、数本のインプラントを義歯の支えにするオーバーデンチャーという方法と、4~6本のインプランで固定式の歯を入れるAll-on-four(オールオンフォー)という方法があります。

オールオンフォーAll-on-four

オールオンフォーとは4~6本のインプラントですべての歯を支える新しい治療法です。従来は多くの歯が失われた場合、たくさんのインプラントを埋入する必要がありました。しかし、オールオンフォーでは骨の量が多いところに効率的にインプラントを埋入するためのCT解析によるシミュレーションと、その位置に正確に埋入することが出来るガイド手術により、少数のインプラントで多くの歯を支えることが可能になったのです。さらに、骨の状態によっては手術をした直後に新しい仮歯を装着し、その日のうちから食事をすることも可能になります。少数のインプラントで総入れ歯の状態から固定式の歯に変わり、当日から使えるようになるというのは画期的な治療法と言えるでしょう。

但し、事前検査により不適応のケースもあります。

オーバーデンチャー

オーバーデンチャーによる治療法はインプラントの上部を金属製のバーで連結さて、その上に入れ歯を固定させます。通常の入れ歯とは異なりしっかりと固定されるので、動いたり外れたりすることなく、強く咬むことが出来るようになります。

All-ON-4
鈴木歯科ブログDr.
鈴木のこだわり
鈴木歯科医院入れ歯をご検討中の方審美歯科専門にご興味のある方