インプラント症例

右下奥歯1本をインプラント治療した一般的な症例

治療内容

術前CT検査
インプラント埋入手術 (ガイデッドサージェリーなし)
仮歯による機能面や審美面の調整 (即時負荷なし)
セラミックによる上部構造の作製

治療期間

ブラッシング指導、CT検査などインプラント手術の準備を行う期間

約1カ月

矢印
インプラント埋入手術

約3カ月(インプラントが骨と結合して安定するまで待つ期間)

矢印
仮歯を入れて調整 

約1か月 (仮歯の調整を繰り返しながら審美面や機能面の確認をする期間)

矢印
最終的な型取りを行いセラミックのセット
All-ON-4
鈴木歯科ブログDr.
鈴木のこだわり
鈴木歯科医院入れ歯をご検討中の方審美歯科専門にご興味のある方