安心、安全の最先端インプラントをあなたに

時間をかけて丁寧に行うインプラント治療

近年、インプラントは一般的な治療になりつつあり、歯を失った場合の第一選択肢として挙げられるようになってきました。しかし、マスメディア等にも取り上げられているように、インプラント治療におけるトラブルが急増していることも事実です。そのトラブルの多くは医師の技量不足はもとより、診査診断が不十分であったり、治療計画に無理があったりしたケースが大半を占めます。

当院ではこのようなトラブルを起こさず、安心して受けていただける長期に渡って安定したインプラント治療を準備しております。
お悩みの方は是非一度ご相談ください。

鈴木歯科医院インプラント治療の特徴

鈴木歯科医院のインプラント治療の流れ

時間をかけ丁寧に治療を進めることで実現できる、安全で快適なインプラント。
鈴木歯科医院のインプラント治療が選ばれる理由がここにあります。

治療の準備、説明からアフターケアに至るまで万全のスケジュールで治療を進めていきます。

CTデータの3次元解析による安全性と補綴物の機能性の向上

当院ではインプラント治療を行う場合、必ず術前にCT検査を行っています。

インプラントの手術ではインプラントを埋入する骨の幅や硬さの把握が術前にできていなければ、より安心で理想的な治療は行えません。

さらに、骨の中に走行する神経や血管の位置がわからないまま手術を行うのは非常に危険なことで事故につながる可能性もあります。

当院ではCT検査のデータを単純な断面写真ではなくコンピュータ上で3次元的に解析することにより、骨の形や骨の内部の構造を立体的に診査診断しています。このような3次元解析を行うことで神経や血管の位置関係も正確に把握できるだけでなく、咬み合わせの歯との関係まで考慮した理想的なインプラントの埋入位置をシミュレーションすることが出来るのです。

コンピュータ上で安全かつ理想的なインプラントの位置決めを行うことで、人の感覚に頼らないコンピュータガイデッドサージェリー(ガイド手術)が可能となるのです。

また、3次元のデータは患者様も理解しやすいため、必ず術前にデータをお見せして治療の具体的な説明を行っています。手術中に予想されることをあらかじめお伝えしておくことが出来るため、安心して手術を受けていただけるのではないでしょうか。

コンピュータガイド手術(ガイデッドサージェリー)による安全で精度の高いインプラント手術の実現

この手術方法はほとんど歯肉の切開をする必要がなく、フラップレス手術(無切開手術)にも使われています。一般外科の内視鏡手術の様なもので、患者さんの体の負担が少ない手術といえるでしょう。

術後の出血、痛み、腫れなどを軽減することができるため患者様には安心して治療を受けていただけます。体への負担が少ないうえに安全かつ正確なインプラント手術が可能になるため、近年では多くの患者様がガイデッドサージェリーを希望されるようになってきました。最近の当院でのインプラント手術はほぼ100%近くがガイデッドサージェリー(ガイド手術)で行われています。

ガイデッドサージェリー(ガイド手術)とはサージカルテンプレートという特殊な樹脂でできたマウスピースのような装置を用いるインプラントの埋入手術法です。

まず、術者がコンピュータによりCTデータを3次元的に分析し、理想的な位置、方向、深さにインプラントの埋入シミュレーションを行います。サージカルテンプレートはシミュレーションしたデータを基に作られており、インプラントを埋入したい方向に沿って円柱状に穴があけられています。そのため、術者がその穴に沿って骨の削合やインプラントを埋入していくことで、シミュレーション通りにきわめて正確にインプラント手術を行うことが出来るのです。

インプラント周囲炎にならないための丁寧な術前ブラッシング指導

インプラント治療のトラブルの多くは、治療後のインプラント周囲炎によるインプラントの脱落です。インプラント周囲炎とは毎日の歯磨きを怠ることで、インプラントの周りの歯茎に炎症が起きてしまう歯周病のようなものです。磨き残した病原菌によりインプラントを支えている骨や歯茎が炎症を起こし、歯茎が腫れたり出血しやすくなったりします。最悪の場合はインプラントを支えられなくなり撤去しなければなりません。

しかし、実際の歯と同様に毎日の歯磨きを適切に行い、また定期的なメンテナンスにより専門的なクリーニングを受けていただくことでインプラント周囲炎は防げるのです。

そのため、当院ではインプラント治療を行う患者様には、必ず手術前に適切なブラッシングができるよう指導させていただきます。歯ブラシを持参していただき、歯ブラシの選択から磨く時間帯、適切なブラッシングのテクニックを丁寧にご説明いたします。そして、正しいブラッシングをマスターしていただいてからインプラント手術の準備を進めていきます。

こうしたインプラント手術を受ける前の徹底した予防対策があるからこそ、インプラントやご自身の歯を永く健康的に維持できるのです。

上部構造完成前に仮歯による咬み合わせと審美性の確認

当院ではインプラントの上部構造(セラミックや金属の被せもの)を作製する前に、必ず仮歯をご用意し数週間使用していただきます。仮歯を使わずに最終的な上部構造を作製する歯科医院もありますが、それでは正しい咬み合わせの確認ができません。

また、歯茎の形態も歯の周りを取り囲むような自然な状態ではないため、審美的な治療を行うためにも仮歯は欠かせないものなのです。仮歯を使用していただきながら、その調整を数回行うことで、歯茎の形態も歯を取り囲むようになり天然の歯のような審美性が得られます。加えて、歯を失ったことによって狂ってしまっていた(偏りが生じていた)噛み合わせを元の状態に戻すことが出来ます。

 

そして咬み合わせにも慣れていただいた時期に型取りをしセラミックなどの最終上部構造を作製していきます。

安心の5年間保証

近年、インプラント治療におけるさまざまなトラブルが報告されており、治療を検討している患者様も不安に思われることがあるかもしれません。

当院では精密な検査と治療計画、コンピュータガイドによるインプラント手術などを徹底することで、そういったトラブルが最小限になるよう心がけていますが、さらに安心して治療を受けていただくために5年間の保証制度を設けています。

インプラントの上部構造の破損やインプラント体の脱落(骨への結合不足による脱落や、インプラント周囲炎によるもの)に対して、治療後5年以内であれば無償で再治療いたしますのでご安心ください。

ただし、インプラント治療後は適正なメンテナンスを受けていただく必要がありますので、詳しい保証内容はお問い合わせください。

多様な骨造成術を応用した難症例へのインプラントアプローチ

インプラントは骨の中にチタン製の人工歯根を埋入する治療法のため、顎の骨の厚みや深さが十分になければ治療を行うことが出来ません。炎症などにより骨の量が少なくなってしまった場合や、歯を抜いて長期間経過して骨が痩せてしまった場合はインプラント治療が難しくなります。しばしば、骨の量が足りないためにインプラント治療ができないと判断されるケースもあります。

しかし、近年では失われた骨を造成させる治療法が確立されており、今までインプラントが難しかった症例にも治療が可能になってきました。当院でもGBR(骨再生誘導法)やサイナスリフトなどの様々な骨造成治療を積極的に行い、多くの症例にインプラント治療を適応しています。もし、他院にてインプラント治療は難しいと判断された場合も、骨造成処置の応用で可能な場合も多いですので一度ご相談ください。

サイナスリフト症例

サイナスとは上顎の骨の中にある副鼻腔(上顎洞)のことです。この空洞があるために上顎の奥歯には骨の厚みがそれほどない場合が多々あります。このように骨が薄い部分にはインプラント手術が行えないため、インプラント手術に先立って骨の厚みを増す造骨手術が必要となります。その手術法のひとつがサイナスリフトで、上顎洞を押し上げるようにしてそのスペースに人工骨や移植骨を填入する手術法です。十分な厚みを得られた上顎骨であれば、インプラント治療が可能となるのです。

多様な骨造成に対応する為、海外での研修、学会に参加

より自然で確実なインプラント治療を行うためには、インプラント周囲の骨造成、歯肉造成が必要になるケースが多くあります。

これらの技術は、歯科医師の技術、技量、経験値によって、治療の可否、また、治療の結果が大きく左右するものです。そこで当院は、患者さんにとって、痛み、腫れが少なく、より安全な骨、歯肉造成の術式を求めて 直接、海外での研修、学会などに積極的に参加しています。

世界的に充分なデータを基に確実な結果を出している術式を直接、開発者本人より学んでいくスタイルをとっています。

20 余年のインプラントの臨床実績

日本でのインプラントが始まった頃から長年インプラント治療に関わっておりますので、(院長自身の経験は30年以上、当院としては20年以上)インプラントの経過や技術の変遷を熟知しております。そのたくさんの知識と経験から、患者さんの身体により負担の少ない安心なインプラントをご提案させて頂いております。

コンセプトは『永きに渡って自然な咀嚼と天然歯のような審美性にもこだわりを持ち、より最善な治療を患者さんに提供すること』としております。

豊富な経験と研鑽を積みつづける信頼できる歯科医師

当院はインプラント治療を導入してから20年以上が経過しており豊富な実績を有しています。

さらに、インプラント治療の最前線にあるスタディーグループや学会に所属し、常に最新の技術や情報に耳を傾けながら、基本を忘れぬよう学び続けています。

また、ノーベルバイオケア社主催のインプラントプランニングセミナーにおいては、毎月参加しながら自身も症例を発表し多くの著名な先生方から意見を頂戴しています。

院内においても夜間に技術研修や症例検討会を行い研鑽を積んでいます。
患者様のご期待に沿えるようこれからも努力していきます。

院長 鈴木久史 (すずきひさし)

経歴

1981~ 学生時代より補綴研究会に所属し審美歯科、義歯について学ぶ
1984 日本歯科大学歯学部 卒業
1985 可知和之先生に師事し補綴,咬合,インプラント,審美,矯正,口腔外科など現在の先端医療の基礎を学ぶ
1987 伊藤高夫先生に師事し歯科医院経営を学ぶ
1994 医療法人社団 晃嶺会 鈴木歯科医院を開業
2005 歯科医院を現在の住所に移転

所属

アクセス

住所 〒104-0045
東京都中央区築地7-5-3 紀文第一ビル3F
TEL 03-3545-1616
診療科目 一般歯科、小児歯科、歯科口腔外科、インプラント、審美歯科、歯周病治療、矯正歯科、入れ歯治療、ホワイトニング、レーザー治療
専門外来 顕微鏡外来、歯ぎしり外来、いびき無呼吸外来、スポーツマウスガード、セカンドオピニオン外来
交通案内 東京メトロ日比谷線
築地1番2番(築地本願寺方面)出口より徒歩3分
東京メトロ有楽町線
新富町4番(築地本願寺方面)出口より徒歩6分
都営地下鉄大江戸線
築地市場 A1(築地市場方面)出口より徒歩8分
休診 日曜・祝祭日
All-ON-4
鈴木歯科ブログDr.
鈴木のこだわり
鈴木歯科医院入れ歯をご検討中の方審美歯科専門にご興味のある方